小さな会社の会計・財務をトータルサポート!

小さな会社の「記帳代行」から「会計ソフトの導入・運用」「会計システムの整備・運用」「財務分析と資金繰りの改善」「管理会計と経営計画のリンク」までをトータルにサポートいたします!

経営のための会計を!

会計は、誰のために、何のために行うのでしょうか?

小さな会社の現状を見ていると、そのパターンは大きく3つに分けられます。

(1)申告のための会計

個人であれ法人であれ、事業者は税金の申告をしなければなりません。「申告をしなきゃいけない。そのためには決算書を作らなきゃならない。そのためには会計処理をしなければならない」から会計を行っているのです。消極的な理由からであり、そこには義務感、やらされ感が漂っています。

(2)借入のための会計

金融機関から借入をしていると、毎決算期ごとに先方の担当者から決算書を求められます。金融機関としては、貸付先の経営状況をチェックするのは当然ですし、借り手側も、次の融資につながるよう、その求めに応じることになります。これも「借入のためには仕方ないから」といった消極的理由が多くを占めます。

(3)経営のための会計

経営状況を把握し、計画とのズレなど問題点を見える化して、その解決を図るために積極的に会計に取り組む会社もあります。まずは正しい経営情報の提供のために会計を行い、それを申告や債権者への報告にも活用するのです。手間やコストをかけた会計を、経営改善に活かすことにつなげます。

会社の現状や発展段階に応じた会計システムを!

創業当初は…

創業したばかりで社長1人だけのような会社であれば、会計に手間ひまをかけている場合ではないでしょう。また、「お金や会計のことはどうも苦手」という人も多いと思います。とはいえ、「お金」の問題は経営にとってとても大切。作業は専門家に依頼し、さらに会計の見方、活かし方などについての知識も専門家から学びながら、会計能力を向上させていけばいいのではないでしょうか?

社内と社外で役割分担

業容が拡大し、スタッフも雇うようになってくると、ある程度は現場で経理業務を行う方が合理的になってくる場合もあります。現金管理や精算業務、簡単な帳簿つけなどなど。一部業務を社内で行い、その他を外部に依頼すべきタイミングがきたら、その役割分担を会社の現状に合わせて適切に設定します。また、会計ソフトを導入するかどうか?どのようなソフトにすべきか?も検討課題です。外部専門家と同じ会計ソフトを利用してやり取りする方法もありますが、例えば現金出納帳だけ社内でつけるようなケースであれば、社内では表計算ソフトだけ使えれば十分かもしれません。

社内化と会計情報活用の高度化

より規模が拡大してきたら、会計システムを社内化するタイミングかもしれません。いわゆる“自計化”です。会計ソフトを導入し、担当者を決めます。自社に合った機能、レベル、コストのソフトを選定し、担当者を育成します。必要な会計・財務情報をスピーディーに把握し、財務分析を行い、そこから経営上の問題点や改善点を明らかにしていきます。管理会計と経営計画を結びつけて、経営のあるべき姿に近づくためのしくみづくりをしていきます。