「社会保険」という言葉は、使う場面によって意味合いが異なり、主に3つの捉え方があります。

最も広義には、病気やケガ、事故、失業、老後の生活などの様々なリスクに備えて、国民の生活を保障するために設けられた公的な保険制度全般を意味します。中義では、会社が加入する健康保険・厚生年金保険・介護保険(狭義の「社会保険」)と労災保険・雇用保険(合わせて労働保険)を意味し、狭義では、健康保険・厚生年金保険・介護保険のみを意味します。

(広義の)社会保険:国民の生活を保障するために設けられた公的な保険制度

(中義の)社会保険:健康保険・厚生年金保険・介護保険と労災保険・雇用保険

(狭義の)社会保険:健康保険・厚生年金保険・介護保険