法人登記時の商号のフリガナ記載

役員変更など、法人登記を行う際に表紙として付ける「○○会社××登記申請書」には、必ず商号(会社・法人名)を記載しますが、平成30年3月12日以降、商号の上にはカタカナでフリガナを打つことになっています(「株式会社」などの会社の種類を表す部分を除く)。このフリガナは、国税庁法人番号公表サイトを通じて公表されます。なお、登記事項証明書にはフリガナは表示されないとのことです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です