オペレーティングリースとファイナンスリース

リースとは、特定の機械や設備等をリース料を払って一定期間、業者から賃借する取引です。設備等を自己資金で購入する場合に比べ、導入時の初期費用を抑えることができ、固定資産管理や会計処理の手間も軽減できるなどのメリットがあります。

「オペレーティングリース」とは、業者が設備等の所有者で、使用者はそれを「借りているだけの取引」といえます。契約期間に応じたリース料を支払い、期間が終わると業者に設備等を返却します。設備等が故障した場合の修理費は、基本的には所有者が負担します。また、原則として途中解約が可能です。一般に、リース料の総額は設備等の購入価格を下回ります。

「ファイナンスリース」とは、「お金を借りて設備等を購入し、期間にわたって返済する取引」といえます。ローンを組んで購入したような状態です。リース期間終了後に所有権が移転する契約と移転しない契約があります。設備等が故障した場合の修理費は、使用者が負担します。また、原則として途中解約が認められません。一般に、リース料の総額は設備等の購入価格を上回ります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です