所得税・消費税の振替納税の証明書

従来、所得税や消費税を振替納税で納付していた人には「領収証書」が口座振替先の金融機関から郵送されていましたが、会計検査院からの「領収証書の送付を取り止めて経費節減を図るように」との指摘を受け、平成29年1月以降は郵送されないこととなっています。

しかし、個人事業をしている方などは、「納税証明」を求められる場面があります。振替納税をしている方の場合は、所轄の税務署に対して口座振替がなされた旨の証明書を発行してもらう必要があります。

「振替納税により国税を納付した事実の証明願兼証明書」に必要事項を記載して提出します。本人確認書類も必要です。窓口に直接申請に行く方法と、郵送による方法があり、代理人が申請することも可能です。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です